不倫探偵料金

不倫調査、浮気調査にかかる費用の中身

不倫調査費用
探偵社の費用を比較検討する前に、まずは「どのような項目に対して料金が発生するのか?」といった料金体系を知っておくことで、探偵社の料金比較が簡単になります。

不倫調査は探偵社や興信所によってそれぞれ違った料金プランを採用していますが、実は費用の内訳は共通しています。

このページでは、「各社で共通する不倫調査費用の内訳」を始めにご紹介し、その後に「不倫調査の費用相場」を解説していこうと思います。

不倫調査に計上される料金内訳をすでにご存知の方は、この項目は読み飛ばして次の【料金相場】の解説へお進みください。

次の項目
>>【不倫調査の料金相場】へ移動。

探偵社で共通する不倫・浮気調査の料金体系内訳について

  探偵の浮気調査費用で全社共通しているのは、以下の2項目です。
①:調査料金(調査にかかる人件費)
②:必要経費(調査に必要な実費)

  さらに契約内容により、以下の3項目が加わります。
③:手数料(無料のところが多い)
④:着手金(前金)
⑤:成功報酬(成功後の礼金)

①:調査料金 人件費
②:必要経費 車両費・交通費・宿泊費・通信費・機材費 など
③:手数料 報告書作成費用など
④:着手金 案件着手時に支払う前金
⑤:成功報酬 調査成功時に支払う報酬

それぞれの項目の詳細

①:調査料金とは?

浮気調査の基本は、依頼された対象者の”行動調査”になります。

行動調査とは、「尾行」「聞込み」「張込み」等の調査員が行う人海戦術。

浮気調査において費用全体の大部分を占めるのが、この調査料金(人件費)の部分になります。

探偵社によってこの「調査料金」の計算方法が異なる(人数×料金であったり、時間×料金であったりする)ため、各社に総額料金の違いが生まれます。

各社で異なる料金プランについての特徴やメリット・デメリットについては、「不倫調査料金プラン比較」ページで詳しく解説します。

②:必要経費とは?

次に多くを占めるのが、行動調査を行う際に発生する必要経費などの実費です。

調査対象(夫・妻)を追跡するための車輌や尾行にかかる交通費、施設入館料、使用した機材費などが計上されます。

必要経費は実費であるため、事前に何円になるか分かりにくいと言う理由で後から請求する探偵社が多いのが特徴です。

ただ、豊富な実績から事前にきっちりと計算してくれる探偵社もありますし、始めから調査料金と「込み込み」の探偵社も存在します。

後から請求してくる方式の探偵社を選ぶ際には、事前に『いくらかかるのか?』『上限は何円なのか?』をハッキリ聞いておくと後のトラブルを防げます。

本来、調査にかかる実費は浮気調査の計画段階でほぼ完璧に計算可能です。

したがって、「実費を後から請求する探偵社」と「事前に計算できる探偵社」を比較した場合、調査計画が綿密で信頼できるのは、明らかに「事前に必要経費を計算できる探偵社」と言えます。

③:手数料とは?

手数料は、法廷でも通用する証拠画像や映像をまとめた「報告書」の作成費用などが中心になります。

手数料は別途計算して請求する探偵社や、プランに込み込みになっている探偵社など様々です。

不倫の証拠を使って裁判をする場合には法廷で使用できる様式の報告書が必要ですが、とにかく不倫の事実が掴めれば良いという依頼内容であれば、手数料はあまり気にする必要は無いでしょう。

報告書の作成手数料は5,000円~10,000円あたりが相場です。

④:着手金とは?

着手金は、結果の成功・不成功に関係なく案件着手時に支払います。

着手金は、探偵社によって有り無しが分かれます。

⑤:成功報酬とは?

成功報酬は、契約前にとり交わした成功条件を満たした際に、探偵に支払う報酬です。

成功報酬は、探偵社によって有り無しが分かれます。

【各社共通の料金システム】

  • 人件費(浮気調査の費用の大部分)
  • 必要経費(次に多くを占める費用)

【会社によって加わる料金システム】

  • 手数料(探偵社により有り無しが分かれる)
  • 着手金(探偵社により有り無しが分かれる)
  • 成功報酬(探偵社により有り無しが分かれる)

浮気調査の費用・料金相場

浮気調査の費用料金相場
不倫調査の費用相場について解説していきます。

費用相場の目安においては、一般社団法人東京都調査業協会が行った、探偵社の料金調査が非常に参考になります。

一般社団法人東京都調査業協会とは、日本調査業協会に所属する業界団体で、その傘下には多くの優良探偵社が所属しています。

一般社団法人日本調査業協会は、内閣総理大臣の許可を受け、警視庁を監督官庁とする日本で唯一全国組織として公認された法人です。 一般社団法人日本調査業協会は、任意に過ぎなかった業界4団体が統合し、これが母胎となって昭和63年9月に政府の許可を受けてスタートしました。
参考:日本調査業協会「協会案内」

 

探偵業者は全国に約5,500社以上あり、そのうちの約73%の4,100社以上が個人事業主などの小規模探偵社です。

つまり、ひとくちに探偵社と言っても、1人で事務所を構える探偵から、大勢の社員で構成された事務所まで、大小・実力も様々。

そのような探偵業界の中でも、厳正な入会審査をクリアした企業のみが加盟できるのが、日本調査業協会です。

1時間あたりの不倫調査費用(調査員2名の場合)

1時間あたりの不倫調査費用

浮気調査の料金相場

諸経費を別とした、1時間あたりの費用の調査結果によると、一番多い価格帯は20,000円~25,000円(36%)となっているようです。

次に多いのが15,000円~20,000円(28%)で、10,000円~15,000円(24%)の価格帯であれば、かなり安いと言えるでしょう。

この統計結果を基に、割合に重み付けをした平均調査費用を算出してみます。

《計算方法》
全体100%のうち12%は「その他」であるため、残りの88%に対して、それぞれの価格帯の中間金額に割合を掛け、統計結果の中間点(平均値の金額)を算出します。

価格帯①:20,000円~25,000円 (36%)《中間金額:22,500円》全体(88%)のうち36%22,500÷88×36=9,204円

価格帯②:15,000円~20,000円 (28%)《中間金額:17,500円》全体(88%)のうち28%17,500÷88×28=5,568円

価格帯③:10,000円~15,000円 (24%)《中間金額:12,500円》全体(88%)のうち24%12,500÷88×24=3,409円

総合的な平均調査費用9,204円+5,568円+3,409円=18,181円

18,181円/2名が平均値となります。

つまり、

1時間あたり、9,090円/1名が人件費相場の目安になります。

 

先ほど「不倫調査の料金体系」でご紹介のとおり、探偵の浮気調査にかかる費用の大部分を占めるのがこの”調査費用(人件費)”になります。

実際の見積書の総額費用にはこの他に必要経費などの”諸経費”が含まれます。

したがって複数社の料金見積もりを比較する場合には、総額費用から諸経費を引いた金額を調査員の人数で割り、平均値の9,090円と比較すれば、『その探偵が安いのか?高いのか?』のひとつの判断材料になります。

不倫調査の調査員の人数について

不倫調査調査員人数
平均金額の統計を行った東京都調査業協会の料金調査基準は、「調査員2名の場合」となっていましたが、これには理由があります。

通常、よほどの簡易調査でない限り、探偵は不倫調査の対象(夫・妻)を調査員1名で追いかけることはありません。

最低でも常時2名以上でマークし、対象が浮気相手と接触した際には3~4名に増員するケースがほとんどです。

  • 尾行対象者に少しでも怪しまれたら尾行役を交代する。
  • 尾行対象者が急に引き返すなど予想外の行動をする場合に備えて、調査員1名を少し離れて待機させておく。
  • 尾行対象者の進行方向で待ち伏せて顔を写真におさめる。

など、決定的な証拠を短期間で押さえるためには、常に複数での連携が必要とされることが理由です。

ですので、同じような見積り料金・調査日数である場合は、より多い調査人数を提案してくれる探偵社に依頼した方が確実と言えるでしょう。

総額が非常に安くても、『見積書を見てみると調査員が1名だった。』という様な組織力に不安のある探偵社も存在するため、調査員の人数は冷静に比較したいポイントです。

このような最低限必要なサービス基準(調査人数や人件費単価の相場)は、優良企業同士の長年の競争から導き出された「業界基準」「市場価格」と言えます。

したがって、調査人数・人件費単価ともに、基準からあまりにもかけ離れた提案をするような探偵社は、見積もりだけに留めて契約を避けたほうが無難です。

 

— 次のページ —
不倫調査の「料金プラン比較」