【浮気調査が始まったら】

浮気調査の注意点

探偵に不倫調査依頼したことは、絶対に感付かれてはならない!

「浮気を疑われている」と感付いた人間は行動も慎重になり、今まで以上に証拠を隠そうとします。

ましてやプロに浮気調査を頼んだと気付かれた場合、ただちに全ての証拠を抹消し、浮気相手との密会場所にも工夫を凝らしだすでしょう。

そうなってしまうと、いざ探偵が計画を立てて調査に入っても、なかなか尻尾を出さない可能性が高まります。

いかに能力の高い探偵でも「見られていることを知った人間」の調査は困難を極めます。

調査が始まった以上、期間がズルズル延びて費用が嵩むのは避けたいものです。

さらに、探偵に依頼したことを相手に問い詰められて、「私を信頼できないのなら離婚だ!」といった具合に、逆に不利な立場へ追い込まれる可能性もあります。

そうなると浮気した事実は(証拠が無いため)棚に上げられ、こちらに不利な条件の離婚調停が進んでいく危険も高まります。

  感づかれないために、いつも通りの生活をすること

心を落ち着かせて、普段通りに振る舞う

こちらに嘘をついて浮気を繰り返す相手に、平常な心で接するのは絶対に無理です。

浮気を疑い始めてから様々な心境の変化を経て、浮気調査に踏み切られたことでしょう。

しかし、探偵に相談したことで一旦は安堵し、冷静さを取り戻しても、浮気調査が始まると押さえていたイライラがぶり返すケースも有るようです。

尾行調査が予定されている前日などに怒りが込み上げ、つい普段と違う言動が出そうになってもグッと堪えましょう。

問題解決までもう少しの辛抱です。

浮気調査を依頼した後に大事なのは、探偵依頼を気付かれないよう、普段通りの(依頼前の)自分を演じきることです。

今まであまり聞かなかった(夫・妻)の予定を細かく聞いたり、逆にしつこく聞いていたのに聞かなくなる。といった変化が無いように、なるべく普段通りに過ごすことが大切です。

  探偵にアドバイスされたこと以外は、絶対やらない

調査に”積極的に”参加しないこと

探偵社からアドバイスされたことは、できる限り協力したいものです。

その分調査の計画も立てやすく、早期解決に貢献できるでしょう。

しかし、基本的に探偵は(調査が始まってからは)依頼者に調査協力させることはありません。

自宅での調査を依頼者にお願いするような探偵は、三流探偵です。

おそらく現在依頼されている探偵社からは『いつも通り振る舞っていて下さい』とアドバイスがあったかと思います。

依頼者の調査への参加は、「夫婦だから分かること」や「なぜこの日が怪しいのか」といった、積極的な情報提供で十分成されます。

探偵はヒアリングから出てきたその様な情報を加味し、調査方法や調査日を決定します。

依頼者の調査協力はここ迄で、いざ調査が始まればそこからはプロの仕事。

あとはプロの仕事を信頼し、いつものように振る舞って早期解決に貢献しましょう。

実際に、積極的に調査に参加したい気持から(夫・妻)の手帳を見たり、スケジュールをしつこく確認してしまい、感付かれて調査が難航するケースも多いようです。

— 次ページ —

不倫調査が終わったら